二人の男性

ウリ専ではボーイを大切に扱おう

ウリ専を堪能したい方はこちら
ウリ専の魅力をしっかりと味わうことができますよ。ウリ専なら普段あなたが抱えていても打ち明けられない思いを存分に発散できます。自分の気持ちに正直になってウリ専をお楽しみください。


ウリ専で自分の大好きなボーイと楽しい時間を過ごす時には、ボーイを大切に扱う様にしましょう。ボーイによっては、プレイやサービスの内容にNGを設定している事があります。ボーイのサービスやプレイのNGについては、ホームページなどで公開しているプロフィールを見れば確認する事ができますので、ウリ専を利用する前に必ず確認しておきましょう。そして、自分が受けたいプレイやサービスがOKのボーイを指名するようにしましょう。
また、ボーイによってはその時の体調などでプレイやサービスがNGとなってしまう事があります。その時にも、ボーイに無理強いをする事は絶対に止めましょう。また、お店によってはボーイとの直接の連絡を禁止している所もあります。その際にも、ボーイに無理やり電話番号やメールアドレスを聞くようなことはないようにしましょう。必ずお店を通じて連絡を取るようにしましょう。
ボーイへの迷惑行為を繰り返していると、ボーイから嫌われてしまって指名NGとなってしまう可能性も高くなります。また、お店からも迷惑行為として扱われて、出入り禁止となってしまう可能性もあります。ウリ専では、ボーイに強要行為をすることなく、スマートにボーイとの時間を楽しむようにしましょう。

ウリ専のお店はホームページも確認しよう

ウリ専のお店は、日本全国の繁華街に出店するようになりましたので、色々なところで気軽に利用できるようになりました。もしも、新しいウリ専のお店を利用したい時には、そのお店のホームページも忘れずにチェックしておきましょう。今は、ほとんどのウリ専のお店がインターネット上でホームページを作成して公開していますので、利用前に閲覧しておけば、よりスムーズにウリ専のお店を利用することができます。
ウリ専のお店のホームページでは、在籍しているボーイの写真やプロフィールや、出勤予定のシフト、そのお店の提供しているサービスやコンセプト、料金システムやオプションなどが紹介されています。
また、イベントやキャンペーンを行う予定があれば、その告知がされています。ウリ専のお店のイベントやキャンペーンを利用すると、いつもとは違った雰囲気でボーイとの時間を楽しむ事や、お得な料金で利用できる事が多くなっていますので、イベントやキャンペーンの予定に合わせてウリ専を利用するのもお勧めです。
初めて利用するウリ専のお店でも、ホームページに詳細な地図や、繁華街からお店への案内図が記載されている事がありますので、迷う事なくスムーズにお店まで行く事もできます。

ウリ専で一番高い料金はなにか

三大都市圏、東京、名古屋、大阪あたりにあるウリ専の料金をみてみると、60分で15000円するという店は少ないです。もっと安かったり、15000円を出せば60分以上ボーイとあれこれできるコースを用意してくれているウリ専もあるんですが、料金の高さについて追求していくとどこまでいくのかということを今回は紹介していこうと思います。
東京にあるウリ専の料金設定を引き合いに出していきますが、50000円を超える料金が高さのトップレベルになってきます。なにかというと、お泊りコースであったり一日貸切コースといった、ボーイを長時間拘束するものになってきます。
しかし、お泊りコースといってもボーイ1人が相手なら30000円以上といったところで、安いと思ってもらえる方も多いはずです。50000円を超えるお泊りコースはなにかというと、ボーイ2人に相手してもらう場合です。実際は60000円を超えるんですが、一晩、好みのボーイ2人と一緒にいられることを考えると、高いという感覚にはならないはずです。
最高料金設定なのが、24時間1人のボーイを自由にできる貸し切りコースです。70000円という大台に乗ってきますが、今回取り上げたウリ専の設定では個室利用の場合の料金です。自宅利用なら場所代が引かれるためにもう少し安いです。ウリ専は長時間利用の安さが特徴的でかなりお得な場合が多いので、何度も指名しているボーイがいるなら長時間利用もお勧めです。

ウリ専は男性による男性のための風俗

お金がたくさんほしいという人は多いでしょうが、急にたくさんのお金が必要になってしまった場合、あまり仕事を選んでいられません。しかし、選ばなくても、よくある仕事では狙った金額の報酬を稼ぐことができなくなってしまうでしょう。女性だったら風俗で稼ぐ、という選択肢もありますが、男性の場合はそうもいきません。というのが普通の認識です。実は、男性が、男性客相手に性サービスをする仕事もあるのです。ウリ専、と言われる仕事です。男性でも、男性に対してしか性的興奮ができない人もいます。そういう人を相手にした風俗です。男女の風俗と同じように、お店に行く形…